概要

現在の日本の情勢は、長い不景気に加え、原油価格の高騰、環境問題などなど、さまざまな悪い問題が山積みな状況です。 そのような日本で車に乗ろうと思うと、私のような庶民の方が思うのは、 維持費が安い車 燃費がいい車 このような車を欲しいと思うでしょう!この条件に見事合致しているのが"軽自動車”なのです! 一昔前までは、軽自動車は安いけど悪いというイメージがあったようですし、実際に普通車に比べ、いろんな部分で性能は劣っていたと思います。 しかし現在の軽自動車は、1000ccクラスの普通車(コンパクトカー)に引けをとらないくらいの、デザイン性・快適性・安全性を獲得しています。 さらに軽自動車は、維持費(税金・ランニングコスト)において、普通車をしのぐ”安さ”という最大の魅力があります。 「普通車とあまり変らない性能であれば、当然安い方がいいに決まってるじゃん!」というのが、現在、軽自動車が売れている理由なのでしょう。 昔の「軽自動車は恥ずかしい、かっこ悪い。」という悪いイメージから、現在は、「軽自動車はお得に乗れるし、快適。」という良いイメージに転換しているように思います
一昔前までは、軽自動車=安いというイメージがあったのですが、最近の軽自動車では、必ずしもこの図式は当てはまらなくなってきました。 なぜなら、最近の軽自動車は、普通車にも負けず劣らないエクステリアやインテリア、安全装置などを備えており、製造コストが高くなりがちだからです。また、自動車部品は小さいからコストが安いということもなく、逆に高くなるものもあります。 しかし、それでも普通車に比べると安いモデルが多く、軽自動車の車種によっては、普通車よりも高いモデルも存在するといったイメージが、一番正しいと思います。

「軽自動車は事故をしたときに危ない」「軽自動車はつぶれやすい」など、軽自動車の安全性について、いろいろな話を聞くことがあります。 たしかに軽自動車は、規格ギリギリまで室内空間を広げているので、ボディが薄くなりがちで、車体重量も普通車に比べると軽くなります。 例をあげると、スズキ ワゴンRの車体重量は、1番重いグレードで840kgです。対して、日産のSUV エクストレイルの車体重量は、1番軽いグレードでも1430kgあります。普通車は軽自動車より、およそ2倍近く重いということです。 普通車といってもコンパクトカーであれば1000kg程度ですから、一概にはいえませんが、総合的に見ても、軽自動車の方が車体重量が軽くなります。ボディサイズも小さいです。 いくら頑丈なシャーシや安全装置が開発されているとはいえ、やはり、鉄の塊同士の衝突ですから、軽い方は重い方に負けてしまいます。これは紛れもない事実です。 しかし現在の軽自動車では、乗員が乗るシャーシ(骨格部分)については、高張力鋼板を使ったり、サイドカーテンエアバックや横滑り防止装置など、安全装置も進歩しています。
自家用軽自動車のナンバープレートはこれまで道路運送車両法の施行規則で黄色地とされていましたが、2017年4月から白地のナンバープレートも取り付けられるようになりました。 ただし、すべての軽自動車が白地になるわけではなく、「ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレート」を申し込んだ場合に限ります。 また完全な白地ではなく、ナンバープレート右上には小さく大会エンブレム、2019ラグビーW杯への寄付金を行った場合はさらに左側に大会エンブレムをデザインした大きめの図柄が入ります。 新車や中古車の購入時はもちろんのこと、今、乗っている軽自動車でもナンバーを黄色地から白地に交換できるので、ボディカラーとナンバーカラーのマッチングに悩んでいる人や黄色地よりも個性的なナンバープレートが欲しい人、あるいは2019ラグビーW杯を応援したい人は早めに申し込みましょう。

自動車のナンバープレートには色々な色があります。 自家用の普通自動車・小型自動車・大型特殊自動車は白色、事業用の普通自動車・小型自動車・大型特殊自動車は緑色、自家用の軽自動車は黄色、事業用の軽自動車は黒色、外交官用の車両は青色となっています。 ここでは、自家用の軽自動車のナンバープレートの見方、そしてなぜ黄色なのかということを解説していきます。特に「なぜ黄色なのか」に関しては面白いウンチクになっていますので、楽しみながら読んでもらえればと思います。
軽自動車のイメージは、小さい自動車、黄色ナンバーの自動車といったことしか知らない人も多いと思います。 こちらのイメージは間違ってはいないのですが、軽自動車の中にはナンバーがついていないと「え?これ軽自動車」と驚いてしまうぐらい大きく感じる車種もあります。 では、具体的に軽自動車の規格・大きさはどのようになっているのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います!

軽自動車は、道路運送車両法施行規則という法律で、下記のような規格が決められています。 軽自動車規格の制限 全長3,400mm(3.40m)以下 全幅1,480mm(1.48m)以下 全高2,000mm(2.00m)以下 排気量660cc以下 定員 4名以下 貨物積載量 350kg以下 これらの項目を1つでも超えると、軽自動車ではなく普通車扱いになってしまいます。 軽自動車はもともと、日本の狭い道路事情を考えて普通車よりは小さな規格で設計されています。そのため、車体価格も安くでき、庶民の間で広めるために、税金を安く設定しました。
軽自動車は税制で優遇される反面、ボディサイズや排気量が決められており、小型車や普通車のカテゴリーを侵害しないような措置が取られています。 軽自動車規格は日本独自で、海外ではスマートのようにボディサイズが軽自動車以下であっても排気量が1Lなど、ボディサイズと排気量は自由に決めることができます。 軽自動車は日本のガラパゴス現象と言えますが、この厳しい規格があったからこそ、軽自動車は長い歴史を経て発展してきたといえます。

最近、軽自動車の台数が非常に多くなったと思いませんか? その通り、ここ数年で軽自動車の販売台数は急激に増加しており、国内の自動車の3台に1台は軽自動車とも言われます。 以前は軽自動車は自動車にあまりこだわらない人や、車両価格や維持費をとにかく安く抑えたい人が選ぶ自動車という雰囲気がありましたが、今や老若男女を問わず多くの人が買い求める自動車となっています。 このような流れの背景には、どのような理由があるのでしょうか。所有率や日本独自の事情を踏まえて解説していきます。
軽自動車を購入する際は、軽自動車の燃費やサイズなどなど、さまざまなスペックを詳しく比較してみる方も多いと思いますが、現在販売されている軽自動車のほとんどが、エンジンの排気量が660ccとなっています。 また、最高出力(ps)の方は、50ps台が多いですが、動力性能を高めたターボ車だと、64psとなっています。 エンジンの排気量が660ccがほとんどなのは、軽自動車は法律により660cc以下であることが条件となっているからです。その代りに、税金面での優遇措置が受けられます。 このような理由から、現在の軽自動車は、法律の枠内でおさまる最大の排気量として、660ccの車種がほとんどなのです!

さらに表示する