デメリット

軽自動車の車両価格を見たとき、安いと感じる人と高いと感じる人がいます。 安いと感じる人は、一般車と比べると軽自動車の方がかなり安いため、安いと感じます。しかし、高いと感じる人は、軽自動車は小さい、軽い、速くないなどといった「一見劣っている」ように見える要素を見て、「それなのにこの価格は高いのでは?」と感じるのです。 実際のところ、軽自動車は高いのでしょうか?安いのでしょうか?そのことを検証していきます。
軽自動車のデメリットとして、パワーのなさが挙げられます。 軽自動車の排気量は最大660ccまでという定めがあるため、どうしてもパワーを発揮することができず、たくさんの人が載っている時や多くの荷物を載せている時にはパワー不足を感じますし、坂道を上る時や高速道路での合流の時など加速が必要な際に不自由に感じることがあります。 しかし、それでも多くの人が軽自動車に乗っていることからも分かる通り、普通に乗るならば実用性に問題を来すほどのデメリットではありませんし、不便さを感じるならばターボエンジン搭載の軽自動車を選ぶこともできます。

軽自動車は一番目に維持費が安い、二番目が税金が安い、三番目に燃費がいいなど、メリットばかりが強調されていますが、やはりボディの小ささやエンジンの小ささからデメリットも存在します。 こちらのページでは、軽自動車のデメリットについて詳しく解説します。
軽自動車は危険だから乗らないという人がいます。 事故を起こしたときにはボディがめちゃくちゃになってしまうため、致死率が高いという認識があるのです。 確かに、事故による死亡率の統計を見てみても、軽自動車が最も死亡率が高くなっています。これはゆるぎない事実なのですが、だからといって軽自動車が絶対に危ない車であるという認識は極端です。

軽自動車の不人気の理由の一つに、軽自動車は狭いというものがあります。 たしかに、軽自動車は規格によって定められたサイズの中で開発しなければならないため、広々とした空間を確保するのが難しいのは事実です。 しかし、最近ではこのことへの対策として、各メーカーで色々な工夫が行われています。その企業努力の結果、一般車と比べても狭いと感じさせない広々とした軽自動車が多数登場しています。 軽自動車は狭いという認識は、もはや時代遅れの認識になりつつあります。
軽自動車は、規格によってコンパクトな設計にならざるを得ず、乗車人数も4人までと定められています。 このことによって、軽自動車はやはり小さい、窮屈だと感じる人も多いと思います。 しかし、最近では軽自動車をファミリーカーとして利用する層が増えています。このことの背景には、車内空間が広々として軽自動車が多数開発されていることがあります。 軽自動車の4人乗りという規格は、あくまでも大人は4人まで乗車可能であるという規格であるためまだ体が小さい子供を抱える家庭ならばファミリーカーとして十分に利用することができるのです。

軽自動車は煽られやすいと聞いたことがありませんか? 悪質ドライバーが面白半分に軽自動車を煽ることもあれば、坂道や高速道路などの軽自動車が遅れを取りがちな場面で、後続の急いでいるドライバーや短気なドライバーが煽ってくることもあります。 煽り行為は事故の原因となることもある、大変危険な行為です。煽り行為を受けたときにはどう対処すればよいのでしょうか? 気にせず安全運転を心がけるという基本的な対処のほか、車載カメラによる対処について解説していきます。
軽自動車は、ボディの薄さやフレームの細さ、そして安全性を向上させるための設計によって、事故に遭遇した時には大きく損壊します。 事故の程度によっては、ボンネットやフレームが簡単に潰れてしまいます。このことから、軽自動車は事故のときに壊れやすいというのは間違いないことです。 ここでは、軽自動車と事故の関係について解説し、さらにどの程度の事故であれは修理すべきなのか、買い替えるべきなどかについても解説していきます。

軽自動車には売りになる要素がいくつもありますが、その中でも非常に大きなものが燃費の良さです。 最近の軽自動車は燃費が非常に良くなっており、第三のエコカーなどとも言われるほどです。燃費が向上すれば維持費は確実に安くなるため、燃費の良さから軽自動車を選ぶ人が多いです。 しかし、軽自動車だからといって、必ず燃費がよいかといえばそうではありません。確かに、燃費がよい軽自動車がたくさん開発されていますが、燃費がそれほど良くない軽自動車もあります。そのことについて解説していきます。