ホンダの軽自動車ラインナップ

目次

1.ホンダはNシリーズの大ヒットにより、3大軽自動車メーカーに!

2.優れたデザイン性とエンジン性能はホンダイズムから

3.ホンダは常に軽自動車業界に新しい風を吹き込む挑戦者

4.N-BOXだけで、ホンダを軽自動車界の3強に押し上げた名車

5.納期2年を記録したS660

 


1.ホンダはNシリーズの大ヒットにより、3大軽自動車メーカーに!


N BOX含む「Nシリーズ」が大ヒット中!

N-ONE、N-WGNも堅調な売れ行き

ホンダらしいボディデザイン。がっちりとした堅牢なボディが魅力。安全性も高い!

代表車種は、N BOX・ライフ・バモスなど

ホンダは生産台数において、トヨタに次いで日産と競い合うほど成長、軽自動車のN-BOXは2011年の登場以来、好調な売れ行きを見せており、軽自動車界の双璧であるスズキとダイハツの牙城を切り崩すほどの勢いを見せています。

 

ホンダは自動車メーカーとして後発ですが、その出発点として大衆向けに製造された乗用車がN360という軽自動車でした。

 

1970年代初頭、日本で初めてアメリカの厳しい排ガス規制、マスキー法をクリアしたシビックの販売以後、軽自動車部門は手薄となったために他メーカーの後塵を拝しましたが、N-BOXの登場により、再び軽自動車界に旋風を巻き起こしています。

 

他社と異なり、OEM供給を行わずブランド力を高めていることも特徴のひとつです。

 


2.優れたデザイン性とエンジン性能はホンダイズムから


ホンダは普通車業界でも、人気車種をたくさん輩出しており、優れたデザイン性とエンジン性能を持ち合わせております。

 

その技術は軽自動車にも生かされており、

エンジンのクオリティが高い印象を受けます。

 

ライフのようなファミリー志向のものから、ゼストのようなスポーティーなデザイン。バモスのような積載性の高いものまであります。

 

しかし実はホンダはこれまで軽自動車部門ではこれといってヒット作がなく、ライフがかろうじてランキングに入っている程度で、販売台数も伸び悩んでいました...。

 

そこで発売されたのが、ホンダNシリーズの先陣をきったN BOXです!

 

N BOXはホンダならではのセンタータンクレイアウトの採用により、軽自動車とは思えない広大な室内空間を確保しました!

 

センタータンクレイアウトでは、ガソリンタンクの形状をコンパクトにし、車体下部に平らに設置することにより、室内空間をできるだけ広げることを可能にしています!

 

ホンダはさらにN BOX+・N-ONE・N-WGNなどを次々と発売し、いずれも大ヒット中です!

 

ホンダはNシリーズの大ヒットにより、これまで遅れをとっていたスズキ・ダイハツと十分に肩を並べる位置にまで人気急上昇しました!

 

またホンダは実用性だけでなくデザイン性も非常に高く、燃費性能も良い軽自動車を開発しています。

 

ホンダはF1の技術屋集団のメーカーですから、軽自動車のエンジンでもターボを採用し、十分な走行性能を確保しています!

 


3.ホンダは常に軽自動車業界に新しい風を吹き込む挑戦者


軽自動車業界における二強、ダイハツとスズキを追従し、間に入ろうというほど急伸しているのがホンダです。

 

このように表現するとホンダの軽自動車に対する歴史が浅いようにも見えますが、じつはダイハツとスズキに劣らぬほど、むしろ一時期は両社を凌ぐ業績を上げていたキャリアがあるのです。

 

ホンダはオートバイから始まった企業であり、自動車に関してはS500やS660などのスポーツカー製造が最初という珍しい社風でしたが、当時の日本ではスポーツカーがほとんど業績に結びつかないことから大衆車の軽を開発しました。

 

それが1967年に登場したN360です。1958年に登場、国民車として親しまれていたスバル360が保持していた軽自動車販売台数トップの座をわずか数ヶ月で奪ったことはN360を語る上で外せないエピソードとなっています。

 

ホンダはその後も軽自動車を作り続けますが、同時に小型車の製造にも乗り出し、シビックで大成功を収めます。

 

しかし自動車メーカーとしては小規模だったために軽自動車開発が手薄になり、スズキが作り出した潮流、スーパーハイトワゴンにも乗り遅れて軽自動車部門では後塵を拝する状況となりました。

 

この状況はホンダ内部でも問題視されたことから、ホンダはスーパーハイトワゴンのN-BOXシリーズの開発に着手、そして現在の隆盛に結びつけたのです。

 

ちなみにN-BOXとN360のNはどちらもNorimonoの最初の一文字となっており、初代N360をリスペクトしていることが分かります。

 

ホンダは企業アイデンティティとなるスポーツマインドを活かした軽スポーツカー、S660を販売しており、軽自動車業界に新しい風を吹き込んでいるといえます。

 

N-VAN

N-BOX

N-BOXカスタム



4.N-BOXだけで、ホンダを軽自動車界の3強に押し上げた名車


ホンダの四輪部門は軽自動車から始まっています。最初の軽はT360というセミキャブオーバー型のトラックで、現在のエンジン構造の主流となっているDOHCを搭載していました。軽トラックでありながら水冷直列4気筒で部品のほとんどがアルミニウム合金というスポーツカー並のエンジンであったことから時代を越えた評価が与えられている車です。

 

このT360に比べるとホンダ初の量産軽乗用車N360は簡素に作られており、外観はイギリスのミニにそっくり、エンジンはバイクのCB450を流用した空冷直列2気筒のチェーン駆動というシンプルなモデルでしたが、価格が他の軽自動車よりも安かったことから爆発的ヒット商品となりました。

 

ホンダはその後、小型車や普通車の開発に乗り出したため、軽自動車開発が手薄になってダイハツやスズキの後塵を拝することになりますが、2011年、それまでの劣勢を一気に挽回する車種を発表します。それがダイハツやスズキの車種よりも上回る販売実績を残し、ホンダの人気車ランキング上位に君臨するN-BOXです。

 

2011年、それまでの劣勢を一気に挽回したN-BOX

スーパーハイトワゴンのN-BOXはフィットで成功したセンタータンクレイアウト技術を軽自動車のための新型プラットフォームに組み込んだことで、後発でありながらダイハツやスズキのスーパーハイトワゴンに劣らぬ車内空間を実現、またT360と同じく新設計のDOHCエンジンを搭載したことにより、高い走行性能も確保しました。

 


5.納期2年を記録したS660


軽自動車専用の新型プラットフォームはNシリーズを次々に作り出しています。やはりランキング上位となるN-ONEは車高こそスーパーハイトワゴンクラスですが、ボンネット部分を長く取り、キャビン部をコンパクトにした2BOXハッチバックスタイルを取っていることが特徴で、ワゴン系よりもセダン感覚で運転できる車種に仕上げています。

 

インパネは上下2層となっており、立体感を出して上質な雰囲気にまとめています。また上層は多彩な色から選べる設定なので、ボディカラーとコーディネートすればオシャレ感がグッと高まります。4種類から選べるシート、170cmの身長の男性でもゆったりと座れる後部席など乗員の快適性に重点を置いている車種です。

 

ホンダの軽自動車人気ランキングでも一際、異彩を放っているのがS660です。現在、販売されている国産スポーツカーの中で唯一、エンジンをミッドシップにマウントするS660は実用性をまったく無視、走行性能に特化した2シーターオープンカーです。200万円を超える価格です。

 

 

軽の新車がディーラーより安い、福岡アクトジャパン Kカフェより金利も総支払額も低い
  • 土・日・祝日の11:00~15:00は大変混み合います。
    この時間帯をご希望の場合は【お早めに】お申し込みいただければ幸いです。
    (9:00~と16:00〜の時間帯は割りと空いているのでオススメです)
  • 土・日・祝日でも11:00~15:00以外の時間帯および平日のご予約は、前日、もしくは当日のお申し込みで問題ありません。
  • ただし、当日予約は電話のみでお願いします。
ビッグモーターより安い金利と総支払額なら福岡アクトジャパン
福岡アクトジャパンは創業90年の整備工場が母体です
福岡アクトジャパンの入口エントランス