軽自動車の維持費(概要)について

福岡で軽自動車の維持費は経済的といっても、それはあくまで小型車や普通車に比べての話です。

 

任意保険や駐車場代、年間走行距離が2万km以上になればガソリン代や消耗品の費用も膨らんでいき、意外と出費が多いことに気がつく人も少なからずいるはずです。

 

維持費の中には税金や自賠責保険など固定費用もありますが、これら以外のメンテナンスや維持費は工夫によって減らすことが可能になります。ここに記載している情報を参考にして、少しでも経済的なカーライフを送りましょう!

 

軽自動車の項目別維持費

変動する維持費を工夫して安く

軽自動車のメリットは車両本体価格が小型車や普通車に比べて安いだけでなく、所有している間にかかる費用、維持費も安く済ませられることです。

 

税金や任意保険料だけでなく、最近の軽自動車は燃費効率の競争が激しくなっているので、維持費のうちでもっとも高いガソリン代も抑えることができます。

 

ただし、安くなるといってもそれはあくまでも小型車や普通車に比べた相対的なことで、軽自動車そのものの絶対的な維持費は相当額になります。

 

それらの維持費の中身をしっかりと把握し、節約できる点を探し出すことで維持費は大きく変わります。

 

維持費の中には税金や自賠責保険など固定の費用もありますが、任意保険やガソリン代など変動する費用もあります。

 

任意保険は販売している各損保会社によって価格設定が異なっているので任意保険を比較する一括サイトなどを利用すれば、少しでも安い料金で加入することが可能です。

 

ガソリン代に関しても節約できる要素があります。

 

燃費が良くなっているからといってアクセルを必要以上に踏み込む、あるいは急発進や急停車を行うような運転をしていると燃費が悪くなり、さらに乱暴な運転は車に大きな負担をかけるので、部品交換が早まって維持費の底上げをすることにつながります。

 

車はきちんと整備すれば、それだけ長く乗ることができ、また良い状態を保てばリセールバリューが高くなるので結果的に維持費を安くすることが可能になります。