軽自動車の安全性・衝突実験!万一の事故

「軽自動車は事故をしたときに危ない」「軽自動車はつぶれやすい」など、軽自動車の安全性について、いろいろな話を聞くことがあります。

 

たしかに軽自動車は、規格ギリギリまで室内空間を広げているので、ボディが薄くなりがちで、車体重量も普通車に比べると軽くなります。

 

例をあげると、スズキ ワゴンRの車体重量は、1番重いグレードで840kgです。対して、日産のSUV エクストレイルの車体重量は、1番軽いグレードでも1430kgあります。普通車は軽自動車より、およそ2倍近く重いということです。

 

普通車といってもコンパクトカーであれば1000kg程度ですから、一概にはいえませんが、総合的に見ても、軽自動車の方が車体重量が軽くなります。ボディサイズも小さいです。

 

いくら頑丈なシャーシや安全装置が開発されているとはいえ、やはり、鉄の塊同士の衝突ですから、軽い方は重い方に負けてしまいます。これは紛れもない事実です。

 

しかし現在の軽自動車では、乗員が乗るシャーシ(骨格部分)については、高張力鋼板を使ったり、サイドカーテンエアバックや横滑り防止装置など、安全装置も進歩しています。

 

軽自動車は安全性が低いという悪いイメージを払拭するために、各自動車メーカーがこれまで普通車に導入していた安全装置を、軽自動車にまで普及させているのが、今の軽自動車業界の流れです。

 

ちなみに、「軽自動車の事故を見たけど、フロントがぐちゃぐちゃだったよ~。」という話を聞くことがありますが、軽自動車に限らず現在の自動車は、フロント部分をあえて壊して緩衝材にし、乗員だけでなく歩行者も守るという考え方で車作りがされているため、フロントがぐちゃぐちゃ=安全性が低いということではないことを覚えておきましょう!

 

軽自動車の衝突実験

軽自動車に限らず自動車は、販売前に必ず衝突実験を行います。衝突実験は、自動車事故対策機構(NASVA)が行い、それぞれの車種の安全性能を評価しています。

 

 

以前は、軽自動車の衝突実験は、普通車よりも衝突速度が遅く測定されていましたが、現在は普通車と同じ条件のもと測定されていますので、同条件で比較することができます。

 

 

衝突実験のデータを踏まえますと、やはり軽自動車の安全性は普通車には劣るということがわかります。

 

しかし軽自動車であっても普通車であっても、もっとも大切なことは、事故を起こさない安全な運転です!車の安全性に頼るのではなく、事故をしない運転を心がけましょう!