軽自動車の車検代(2年に1回)

軽自動車も普通自動車と同じく、決められた時期に車検を受ける必要があります。

 

受けるタイミングも普通自動車と同じで、新車を購入した場合のみ初回は3年後、それ以降は新車・中古車にかかわらず2年ごとの継続検査が必要です。

 

車検代は、車のランニングコストの中でも比較的高額ではありますが、どこで車検を受けるかによっても費用はかなり異なります。

 

 

 

 

 

軽自動車の車検代の内訳

車検は、正式には「自動車検査登録制度」といいます。大きく分けて、新規検査・継続検査・構造等変更検査の3つがありますが、一般的に車検と呼ばれるのは継続検査のことです。

 

軽自動車でも、新車の場合は初回のみ3年後、それ以外は2年ごとに継続検査を受け、車両が保安基準を満たしているかどうかをチェックします。

 

車検にかかる費用は、一般的には「車検代」とひとまとめに呼ばれますが、厳密には「法定費用」と「点検・整備費用」の2つを合わせたものです。

 

法定費用

自賠責保険料・自動車重量税・印紙代のことです。これらは車検時に必ずかかるもので、車種などに応じて金額が決まっています。

 

軽自動車の場合、以下の法定費用がかかります。

自賠責保険料(2018年度)

37ヶ月:35,610円

25ヶ月:25,880円

24ヶ月:25,070円

 

自動車重量税(継続検査時)

エコカー減税あり:0~2,500円

エコカー減税なし:5,000~8,800円

印紙代 1,100~1,400円

 

 

自賠責保険と重量税

自賠責保険は、公道を走るすべての車が加入を義務づけられている保険で、次回の車検時までの分を一括で前払いします。

 

車購入時のみ、新車は37ヶ月分、中古車は25ヶ月分、それ以降は車の新旧にかかわらず24ヶ月分を車検時に納めます。

 

自動車重量税は、自動車の重さによって課される税金です。こちらも車検時に2年分(新車購入時のみ3年分)をまとめて納めます。

 

エコカー減税の有無や減税率によっても金額が異なり、免税される場合は0円です。

 

エコカー以外は、年式が古くなればなるほど高くなりますが、最大でも8,800円ですので、普通車に比べると安く済みます。

印紙代は、車検に必要な書類に貼り付ける印紙の費用です。軽自動車の場合、1,100円~1,400円の間で収まります。以上を合わせると、車検の法定費用は35,000円前後となります。

 

点検・整備費

車検を受ける場所によって大きく異なるのが、点検・整備費です。

 

車検を通す前に、業者が行なう整備点検にかかる費用で、30,000~50,000円程度が相場となっています。また、修理や部品交換などの有無によっても金額は上下します。

 

法定費用は一律ですので、車検代を少しでも安くしたい場合は、点検・整備費をいかに抑えられるかにかかっています。

 

次に、軽自動車の点検・整備費の相場を、業者の種類別にご紹介していきたいと思います。

 

業者別・軽自動車の車検代

軽自動車の車検代がもっとも安く済むのは、軽自動車検査協会に直接車を持ち込んで受ける「ユーザー車検」です。

 

ただし、全く整備をしないため20,000km以上走行した車には適切ではありませんので、ここでは車検を取り扱う民間業者を取り上げていきます。

ディーラー

新車で軽自動車を購入した場合は、購入先のディーラーで車検を受ける人が多いと思います。

 

ディーラーの車検代は、業者の中ではもっとも高めです。

 

ディーラーや車の状態などにもよりますが、点検・整備費は30,000~50,000円が平均的ですので、法定費用と合わせると70,000~100,000万円ほどかかります。

 

ただし、ディーラーでは検査項目が多く、丁寧にしっかりと点検・整備してもらえる点がメリットです。もちろん、交換部品も純正品を使ってもらえます。

 

多少高くても安心感を重視したい方にはおすすめです。

 

車検専門業者

最近は、車検の専門店もたくさんあります。たとえば、「コバック」「アップル車検」「ホリデー車検」「車検館」などが有名です。

 

こうした車検業者の点検・整備代は、10,000~30,000円が相場で、法定費用と合わせると50,000~80,000円ほどになります。

 

さらに、「早割」などのお得なサービスを受けられるところも多いです。

 

また、早さも売りにしているところが多く、店内で数十分待機するだけであっというまに車検終了、ということも少なくありません。

 

スピーディに車検を済ませたい方におすすめです。

ただし、車検が通る基本整備以外の修理が発生した場合は、応用修理技術は乏しいために「ディーラーや整備専門工場で診断してもらってください。」とアドバイスを受けることが通常です。

 

カー用品店

「イエローハット」や「オートバックス」などをはじめ、カー用品店でも車検を受けられるところがたくさんあります。

 

点検・整備代は、車検専門業者と大きく変わらず、法定費用も含めて50,000~80,000円程度で収まることが一般的です。

 

また、部品交換が必要になった場合は、店内にある豊富な商品から選ぶことができます。車検と同時に取り付けたいカー用品がある場合などにも便利です。

 

ただし、車検専門店同様、車検が通る基本整備以外の修理が発生した場合は、応用修理技術は乏しいために「ディーラーや整備専門工場で診断してもらってください。」とアドバイスを受けることが通常です。

 

 

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドでも車検を受けられます。

 

費用もリーズナブルで、50,000~80,000円程度で点検・整備を行なっています。

 

行きつけのガソリンスタンドで安く車検を行なっているなら、お願いするのも一つの方法でしょう。

 

ただし、車検専門店やカー用品店同様、車検が通る基本整備以外の修理が発生した場合は、専門診断機を常備していなかったり応用修理技術は乏しいために「ディーラーや整備専門工場で診断してもらってください。」とアドバイスを受けることが通常です。

 

 

 

民間整備工場

どの町にもある、自動車の整備屋さんです。「〇〇モータース」という名前になっていることもあります。

 

少人数で運営されている小さなところから、ある程度規模の大きいところまでさまざまですが、こうした整備工場では車検も取り扱っています。

 

民間整備工場には、「認証工場」と「指定工場」の2種類があり、指定工場のほうが自社工場に検査ラインを持っている点が特徴です。

 

一方、認証工場は点検・整備はできるものの、車検を通すには軽自動車検査協会へ車を持ち込む必要があるため、検査で引っかかると時間がかかってしまうことがあります。

 

点検・整備代は、およそ30,000~40,000円が相場です。工場にもよりますが、ディーラーよりは安く、車検専門業者よりは少し高い可能性があります。

 

整備工場だけに技術は確かですので、安心して任せられる点がメリットです。

 

まとめ

軽自動車の車検代の内訳や、費用の相場をご紹介しました。

 

軽自動車の車検代で節約できる可能性があるのは、点検・整備代です。

 

これをカットできるユーザー車検がもっとも安く済みますが、安全性の観点からは必ずしもおすすめできません。

 

できれば2年に1度はプロによる点検・整備を受けたほうが安心です。

 

多少費用が高くても丁寧な車検を受けたい方はディーラーを、なるべくリーズナブルな料金でスピーディに車検を受けたい方は、車検専門業者やカー用品店、ガソリンスタンドなどを(ただし新車から5年以上、もしくは5万キロ以上の車には適さない場合が多い)、またどちらの良さも兼ね備えた民間整備工場も選択肢に入れて検討してみてください。