ニーズで選ぶ

軽自動車のさまざまなニーズ 家族がいるので大人数が乗っても快適な軽自動車が欲しい! 女性だから小回りが利いてかわいい軽自動車が欲しい! 室内が広い軽自動車が欲しい! 個性的な軽自動車が欲しい! スポーティーな軽自動車がほしい! などなど、軽自動車のニーズは人によってさまざまです。現在の軽自動車市場にはさまざまなラインナップが用意されていますので、どのようなニーズにも答えることができます!
軽自動車でファミリーが使いやすい車種はどれ?と考える方は非常に多くいらっしゃいます。 最近の軽自動車は室内の広さだけでなく、スライドドアや便利な収納、スライドシートなど、小さなお子さんのいる家族に使いやすい機能が満載されています。 特にファミリーで使う軽自動車はどうせ汚れるからと こちらから 中古車で購入する人も多いです。 全高1.6m超のトールワゴンや1.7m超のスーパーハイトワゴンは、小さな子供のいるファミリーのファーストカーやセカンドカーとしてとても人気があります。

お子さんがいらっしゃる場合は、スライドドア仕様の軽自動車がとても便利です! ママが子供を抱っこしたままドアを開けるのも楽ですし、お子さんが自分でドアを開ける際も、スライドドアであれば隣の車に当てる心配もありません!
軽自動車は販売価格が安くエントリーモデルに最適という要因から若年層男女に人気があるカテゴリーです。 メーカー側も若年層を訴求対象としてベーシックモデルからの派生車種を開発しており、男性向けにはフロントフェイスを迫力顔にしたカスタム系、女性向けにはキュートなデザインとユーティリティ性を高めた車種を開発しています。 軽自動車の中古車にはカスタムモデル、コンプリートモデルなど特にかっこいいグレードが集まりやすいという特徴があります。

軽自動車の市場は女性が支えていると言っても過言ではありません。とくに10~20代の女性が主に運転している車種が軽自動車である割合は高く、男性をはるかに上回っています。 また30代になると小さな子供を載せて運転する子育てママが増え、40代は一家のセカンドカー的役割から女性が買い物クルマとして使用する割合が増えています。これらの使用目的に合わせてメーカー側も開発をしており、お化粧用の鏡や小物入れなどを充実させた車種を多く開発しています。 ただし、便利なだけでは女性の満足感は得られません。エクステリアやインテリア、機能性など総合的に優れていることが求められています。
近年発売されている軽自動車は乗用車顔負けの充実した装備や広い室内を兼ね備え、”ファーストカー”として十分通用する実力を持っている。 そんな軽自動車は税金の安さに加え維持費の低さも人気の理由であり、維持費に直結する燃費性能は車種選びの大きな指標となることは言うまでもない。 軽自動車の燃費性能の測定は、普通自動車と同じJC08モードで測定・表示されている。しかし軽自動車も乗用車と同じく、JC08モードのような実燃費が出ることは非常に少ない。となると、イマドキ軽自動車の実燃費がどれほどなのかと気になるユーザーも非常に多いだろう。

軽自動車はボディサイズや排気量などの上限が定められています。 各メーカーとも限られた枠内で乗員の快適性を向上させるために、トールワゴンやスーパーハイトワゴンなど室内空間が広い車種を開発してきました。 その企業努力によって、現在の軽自動車は大人4人が乗って高速道路を走行してもストレスを感じさせないほど進化、小さな子供のいる家族層向けとしてはファーストカーの資質も備えています。