軽自動車のナンバープレート

自動車のナンバープレートには色々な色があります。

 

自家用の普通自動車・小型自動車・大型特殊自動車は白色、事業用の普通自動車・小型自動車・大型特殊自動車は緑色、自家用の軽自動車は黄色、事業用の軽自動車は黒色、外交官用の車両は青色となっています。

 

ここでは、自家用の軽自動車のナンバープレートの見方、そしてなぜ黄色なのかということを解説していきます。特に「なぜ黄色なのか」に関しては面白いウンチクになっていますので、楽しみながら読んでもらえればと思います。

 

ナンバープレートの意味

日本の軽自動車はみなさんご存知の通り、” 黄色いナンバープレート”です。

黄色地に黒字のやつですね

 

なぜ軽自動車のナンバープレートは黄色いの?

なぜ軽自動車のナンバーが黄色なのか詳しく知っていますか?黄色という色はどのような色の車体にも合わせにくいといわれているにもかかわらず、なぜわざわざそのような色を使用しているのでしょうか?

 

軽自動車の黄色ナンバーは1975年に登場しました。それ以前は一般車と同じ白いナンバーを使用していましたが、軽自動車の規格変更で一般車両と見分けが付かなくなってしまったため、区別するためにナンバープレートの色を異なるものとしました。

 

でも、なぜ同じ色ではいけなかったの?と思う人もいるでしょう。それは、一般車両と同じになってしまうと高速料金の徴収の時に不便だからです。

 

当時はETCなどのシステムがなかったため、高速道路の料金はすべて料金所で係員に直接支払うシステムでした。

 

その際に規格変更でサイズも大きくなっている軽自動車を一般車両と誤認する可能性があったため、ナンバーの色を分けることになったのです。

 

確かに、ナンバープレートによる色分けがなければ、高速料金を払うたびに車検書を確認しなければならず、そのようなことをしてしまうと料金所周辺では大渋滞が起きてしまいます。

 

一般車両と比べると軽自動車の方が高速料金は2割ほど安いため、黄色という目立つ色にしておくことで、料金所から遠い段階で係員が「次の車は軽自動車だな」と認識することによって、適切かつスピーディな対応ができるようになります。

 

このような理由から「黄色ナンバー」が軽自動車には採用されたのです。

 

ちなみに、ETCが整備された今でも軽自動車の高速料金は一般車両よりも安いですが、これはETCカードを契約する際に軽自動車としての情報が登録されているため、きちんと軽自動車料金でETCに認識されるようになっているのです。