室内が狭い

軽自動車の不人気の理由の一つに、軽自動車は狭いというものがあります。

 

たしかに、軽自動車は規格によって定められたサイズの中で開発しなければならないため、広々とした空間を確保するのが難しいのは事実です。

 

しかし、最近ではこのことへの対策として、各メーカーで色々な工夫が行われています。その企業努力の結果、一般車と比べても狭いと感じさせない広々とした軽自動車が多数登場しています。

 

軽自動車は狭いという認識は、もはや時代遅れの認識になりつつあります。

 

 

室内は本当に狭い?

軽自動車は大きさの規格が決まっていて、全長3.4m以下・幅1.48m以下、高さ2.0m以下です。

 

この大きさの中で、いかに室内を広くするかが、快適性を向上させる鍵になっています。

 

室内が広い軽自動車で一番初めに思いつくのが、ホンダのN BOXです。試しに、軽自動車のN BOXと、コンパクトカーのフィットで、室内の広さを比較してみました。

 

     室内長 室内幅 室内高

N BOX 2180mm 1350mm 1400mm

フィット 1935mm 1450mm 1280mm

いかがでしょうか?

 

そんなに変わらない...。というより、N BOXの方が実際に広いですね。室内幅ではさすがにフィットに100mm(10cm)負けていますが、室内長と室内高ではそれ以上に上回っています。

 

この表から、軽自動車でも室内が広いものもあることが、十分におわかりいただけたことと思います。

 

実際コンパクトカーなど小さめの普通車の室内空間よりも、大き目の軽自動車の方が室内空間は広いくらいです。

 

しかし車種によっては、4人乗ると狭く感じるものも多くあります。逆に2人乗りでは、小さいタイプの軽自動車でも、それほど窮屈さを感じません。

 

軽自動車を選ぶ際には、ぜひ実際に座ってみて室内の広さを確認することをおすすめします。

 

広々とした軽自動車が増えている

最近の軽自動車はファミリー層から高い人気を得ています。広さや性能の面でもコンパクトカーより優れている軽自動車が多数開発されているからです。そのため一般的なワンボックス車から乗り換える人も多くなっています。

 

例えば、最近人気のホンダN-BOXでは、大きめのベビーカーやゴルブバックなども立てたまま無理なく積むことができます。また、大人用の自転車なども助手席を少し前に移動させれば2台ほど積むこともできます。

 

最近なにかと人気の車中泊をするときも、リアシートをフラットにすれば足を伸ばして悠々と睡眠をとることができます。一般車に明らかに劣っている部分を探すことが難しいほどです。

 

各メーカーは快適な室内空間を実現するために規格ギリギリまで車体のサイズを拡大しています。

 

室内空間を広く保つために、エンジンルームもコンパクトに抑えてボンネットを限りなく短くしたり、前輪駆動ではホイールスペースを最長まで伸ばしたりすることによって、広々な空間を確保するための努力を払っています。

 

その他にも、単に荷物が積めるだけではなく、積み下ろしにも配慮して従来の普通のドアからスライドドアに変更するなど、各メーカーごとに思考を凝らした最先端の軽自動車がたくさん登場しています。 これらの工夫が、ファミリー層からの人気の秘密の一つとなっています。

 

家族で出かけるときにも広々とした空間があるため快適に移動することができ、子どもの習い事の送り迎えの際には余裕をもって道具を積み込むことができ、さらにそれらの積み下ろしも楽々と行うことができます。

 

このことから、軽自動車が狭いという認識はもはや過去のものとなりつつあります。もちろん、今でも狭い軽自動車もありますが、新たに開発される軽自動車の多くは室内空間への配慮があるため、軽自動車を狭いとする認識は徐々に薄れていくことでしょう。