軽自動車の購入に必要な書類

目次

1.軽自動車を新車で購入する場合の必要書類

2.軽自動車をローンで購入する場合

 


1.軽自動車を新車で購入する場合の必要書類


 

軽自動車を新車で購入する場合、以下の書類が必要です。

 

住民票

軽自動車を購入する際は、普通車の場合と違って印鑑証明書は必要ありませんが、その代わりに現住所を証明するための書類として住民票が必要になります。

 

購入者の氏名と現住所がわかれば十分ですので、本籍や続柄、マイナンバーなどは省略されたものでOKです。発行日から3ヶ月以内のものを提出します。

 

認印

普通車を購入する場合は実印が必要ですが、軽自動車では認印でかまいません。売買契約書や委任状などの書類に押印します。

 

ただしシャチハタは不可としている自治体もあるため、普通の三文判を用意しましょう。

 

委任状(申請依頼書)

本人に代わって販売店が車の登録手続きを代行するために必要な書類です。販売店に置いてありますので、それに記名や捺印をします。

 

自動車保管場所証明書(車庫証明)

駐車場があることを証明する書類です。管轄の警察署で手続きを行なうか、代行手数料を支払えば販売店に依頼することもできます。

 

ただし軽自動車の場合、普通車と異なり「車庫証明が必要な地域とそうでない地域がある」点に注意が必要です。たとえば、以下のような地域では車庫証明が必要になります。

 

県庁所在地の市

人口が10万人以上の市

 

 

書類名 内容
住民票(1通) 発行から3ヶ月以内のもの
認印 シャチハタ以外の三文判
委任状(申請依頼書) 販売店に用意してあるもの
自動車保管場所証明書(車庫証明) ※届け出が必要な地域に住んでいる場合、 
購入後すみやかに届け出を行なう

詳しくは、全国軽自動車協会連合会のホームページに記載がありますので、参考にしてみてください。

軽自動車の保管場所届出義務等の適用地域一覧

 

適用地域に住んでいる場合、車庫証明の届け出をしないと10万円以下の罰金が科せられます。

 

また、軽自動車では車庫証明をとるタイミングも普通車と異なります。普通車では購入前に車庫証明をとらなくてはいけませんが、軽自動車の場合は購入後でOKです。

 

ただし「購入後ただちに新規届け出をする」と決められていますので、早めに手続きしましょう。

 

上記のほか、もし下取り車がある場合には以下の書類も必要となります。

 

下取り車がある場合の必要書類

 

書類名 内容
自動車検査証(車検証) 車内に常備してあるもの
自賠責保険証明書 期限が切れていないもの
車税の納税証明書 最新のもの 
※滞納している場合は下取りに出せない
リサイクル券 自動車リサイクル料の預託を証明する書類
委任状・譲渡証明書 お店に置いてあるもの
印鑑登録証明書 普通車の場合のみ。発行日から3ヶ月のもの。
印鑑 普通車の場合は実印、中古車の場合は認印で可

 

2.軽自動車をローンで購入する場合

軽自動車をローンで購入する場合には、上記でご紹介した書類にプラスして以下のものも必要になります。

 

 

書類名 内容
本人確認書類 運転免許証・健康保険証・パスポートなど
収入を証明する書類 源泉徴収票・確定申告書・納税証明書など
車の購入を証明する書類 注文書・売買契約書・請求書など
銀行の届け印 口座引き落としに必要

 

利用するローンによっても異なりますが、銀行のマイカーローンよりも、ディーラーの取り扱うローンのほうが必要書類は少なく済むことが一般的です。

 

マイカーローンは、金利が低いぶん審査基準がやや厳しいため、たとえば勤続年数を証明する書類の提出も求められることがあります。

どのローンであっても、本人確認書類と収入証明書の提出は必須です。収入が基準に満たない場合は、審査に通らない可能性があります。