軽自動車なのに白ナンハ゛ー

自家用軽自動車のナンバープレートはこれまで道路運送車両法の施行規則で黄色地とされていましたが、2017年4月から白地のナンバープレートも取り付けられるようになりました。

 

ただし、すべての軽自動車が白地になるわけではなく、「ラグビーワールドカップ2019」「2020年東京オリンピック・パラリンピック」特別仕様ナンバープレートを申し込んだ場合です。

 

新車や中古車の購入時はもちろんのこと、今、乗っている軽自動車でもナンバーを黄色地から白地に交換できるので、ボディカラーとナンバーカラーのマッチングに悩んでいる人や黄色地よりも個性的なナンバープレートが欲しい人は早めに申し込みましょう。

 

 

申し込みは専用サイトの他にディーラーなどでも受付可能

「ラグビーワールドカップ2019特別仕様ナンバープレート」、通称ラグビーナンバーはアジアで日本が初開催国となる2019ラグビーW杯を記念して国土交通省が交付を決定しました。

 

図柄の入ったナンバープレートはこれまで交付されたことはなく、今回が初めての試みとなります。

 

交付業務は一般財団法人の全国自動車票板協議会が行っており、すでに「図柄ナンバー申込サービス」のサイトを公開しています。

 

ユーザーが直接申し込める他、ディーラーや整備工場でも申込代行を行っています。

 

ラグビーナンバーの申し込みはサイト内のフォーマットに沿って行えば簡単に済ませることができます。

 

用意するのは車検証だけで、最初に必要事項を記入すると申込受付メールが送られてくるので、内容確認後、交付手数料(寄付に賛同した人は寄付金も合わせて)を支払います。

 

その後、交換申請書をダウンロードして軽自動車についているナンバープレートを外し、交換申請書とナンバープレートと一緒に軽自動車を登録している所轄の軽自動車検査協会事務所または運輸支局の予約センターに持っていけば、ラグビープレートを交付してくれます。

 

ナンバープレートの番号を自分の好きな数字にすることもできますが、人気の高い番号は抽選希望番号と呼ばれ、毎週日曜日までに受け付けた申し込みに対して月曜日にコンピューターで抽選を実施、当選した人のみ取得できる仕組みになっています。

 

落選した場合は再び申し込まなければならないので、予め時間がかかることを想定しておきましょう。

 

ナンバープレートは必ず前後2枚とも交換

普通車や小型車のナンバープレートは自動車登録番号票が正式名称で封印が義務付けられていますが、軽自動車は車両番号標が正式名称となり、封印は義務化されていません。したがってナンバープレートの取り外しは自分で行えます。

 

ナンバープレートはバンパーにネジで止まっているだけなので、プラスのドライバーか10mmのスパナなどで簡単に外すことができます。予約センターに行く時は必ず前後2枚のナンバープレートを持っていってください。

 

ナンバープレートは前後が同じ表示であることが義務付けられています。したがってラグビーナンバーも前後取り付ける必要があり、前後のどちらか一方を従来のナンバープレートにすることはできません。

 

またナンバープレートを外した状態で行動を走るのは厳禁です。道路交通法の番号表示義務違反となり、2点の減点が課せられる他、反則金を納付しなければなりません。つい、近所だからといって走った時こそ危険が潜んでいます。

 

ナンバープレートの色は有料道路の料金徴収システムとは無関係

軽自動車のナンバープレートが白地になったことで心配、不安になるのが有料道路の徴収料金です。

 

軽自動車は普通車の約80%が有料道路の料金となっているため、白地ナンバーになったことで普通車と間違えられないか?と思う人もいるでしょう。

 

結論から言うと、現在の有料道路システムではナンバープレートを黄色地から白地に変えても軽自動車が普通車と同じ料金を徴収されることはありません。

 

軽自動車のナンバープレートが黄色地になったのは1973年の車両法施行規制一部改正からです。

 

当時、高速道路の料金徴収は目視で行っていたので普通車と軽自動車を速やかに見分けられるように、また速度規制が普通車と違っていたことから警察の取り締まりで差別化できるようにという理由で黄色地が採用されました。

 

現在、有料道路の料金を自動支払できるETCには車両情報が入力されているので、ナンバープレートの色に関わらず車両に適した料金が徴収されます。

 

またI.C.の一般レーンでは左前方にカメラが設置されており、ナンバープレートの分類番号を読み取った上で発券を行っているので、軽自動車が一般レーンを通過した際でもナンバープレートの色は関係ありません。

 

有料道路の料金徴収システムを知っておけば安心して白地のナンバーを申し込めますね。

 

なお、寄付金は公益財団法人の日本デザインナンバー財団が管理し、大会開催会場への輸送力増強などに充てられます。