購入するときの税金が安い

自動車を購入するときには、自動車所得税、重量税、自動車税という税金がかかってきます。これは軽自動車であっても普通車であっても同じです。

 

厳密には消費税もかかってきますが、今回は車にかかる税金ということなので、消費税は省いて解説しております。

自動車取得税は車の購入時、重量税は車検ごと、自動車税は毎年4月にその車の所有者が支払うことになっています。

 

そのため、車の維持費を考える上ではおさえておきたい税金です!

 

今回は軽自動車と普通車(1000cc以下・1500cc以下・2000cc以下)の4種類で、どれくらい税金がかかるのか比較してみたいと思います!

 

ちなみに1000cc以下はヴィッツのようなコンパクトカー。1500cc以下はフィットやデミオ。2000cc以下はステップワゴンなどを、イメージしていただければと思います。

軽自動車と普通車にかかる税金

軽自動車と普通車にかかる税金を比較!

       軽自動車  1500cc以下

自動車取得税 車体価格の3%    車体価格の5%

重量税     8,800円   25,200円

自動車税     10,800円   34,500円

 

いかがでしょうか?

 

自動車取得税・重量税・自動車税のすべての項目で、軽自動車は断トツで税金が安いことがわかると思います!

 

コンパクトカーであっても普通車クラスになると、重量税や自動車税は一気に2万5千円を超えてきますが、軽自動車はなんと1万円もかからないという低価格です。

 

自動車取得税も車体価格の3%と安くなっているのですが、これは車の購入時のみにかかる税金ですので、維持費の節約効果はあまりありません。

 

しかし、重量税や自動車税は、車検ごとか毎年かかってくる税金ですので、軽自動車を所有している限りず~っと税金が安く済むというのは、大変お得です!

 

軽自動車は規格に制限がある代わりに、税金面ではかなり優遇されているのです。

 

一覧で車種別に税金を比較してみると、いかに軽自動車の税金が安いのか、わかっていただけたと思います(^^)

 

税金の安さは、軽自動車にしかないメリットです!

 

エコカー減税を利用して新車時の税金を安くする

エコカー減税は環境配慮に優れた車種を税制で優遇する措置で、国土交通省が定めた燃費基準と排出ガス基準をクリアした車種に与えられます。

 

ただし基準が段階に分かれており、その段階によって減税率が異なるため、新車購入の際は担当の営業マンに必ず説明を求めるようにしてください。

 

現在、新車購入時に自動車取得税と自動車重量税が全額免除になるのは平成17年度排出ガス基準+5%達成車と平成32年度燃費基準+20%達成車です。この基準をクリアした車種は軽自動車税も50%軽減されます。

 

平成32年度燃費基準+20%はプラグインハイブリッド車やクリーンディーゼル車、電気自動車などの次世代自動車に適用されますが、基準値が高いことからガソリン車が達成するのは難しいとされていました。

 

しかし軽自動車の中には早くも基準値をクリアした車種が出てきています。

 

たとえばホンダのNシリーズの中ではN-WGNのG・Lパッケージが達成、自動車取得税と重量税が免除となる他、軽自動車税も50%減税され、新車購入時の減税額は合計33,500円にも達します。

 

ただし、N-WGNでもグレードによって異なり、また他のNシリーズでも減税額が変わってきます。N-BOXは取得税60%、重量税50%の減税額となるので、購入の際はエコカー減税適用率を必ずチェックしてください。