現在の日本の情勢は、長い不景気に加え、原油価格の高騰、環境問題などなど、さまざまな悪い問題が山積みな状況です。 そのような日本で車に乗ろうと思うと、私のような庶民の方が思うのは、 維持費が安い車 燃費がいい車 このような車を欲しいと思うでしょう!この条件に見事合致しているのが"軽自動車”なのです! 一昔前までは、軽自動車は安いけど悪いというイメージがあったようですし、実際に普通車に比べ、いろんな部分で性能は劣っていたと思います。 しかし現在の軽自動車は、1000ccクラスの普通車(コンパクトカー)に引けをとらないくらいの、デザイン性・快適性・安全性を獲得しています。 さらに軽自動車は、維持費(税金・ランニングコスト)において、普通車をしのぐ”安さ”という最大の魅力があります。 「普通車とあまり変らない性能であれば、当然安い方がいいに決まってるじゃん!」というのが、現在、軽自動車が売れている理由なのでしょう。 昔の「軽自動車は恥ずかしい、かっこ悪い。」という悪いイメージから、現在は、「軽自動車はお得に乗れるし、快適。」という良いイメージに転換しているように思います
軽自動車は、全長3.4m以下・幅1.48m以下、高さ2.0m以下と決められているので、これ以上大きく造ることはできません。 その点普通車は、大きなものも造れます。居住空間の広さや快適性を考えると、やはりそこそこ大きい車を造った方が、人気がでます。

軽自動車の車両価格を見たとき、安いと感じる人と高いと感じる人がいます。 安いと感じる人は、一般車と比べると軽自動車の方がかなり安いため、安いと感じます。しかし、高いと感じる人は、軽自動車は小さい、軽い、速くないなどといった「一見劣っている」ように見える要素を見て、「それなのにこの価格は高いのでは?」と感じるのです。 実際のところ、軽自動車は高いのでしょうか?安いのでしょうか?そのことを検証していきます。
福岡で軽自動車の維持費は「安い!」って言われてますが、経済的といっても、それはあくまで小型車や普通車に比べての話です。 任意保険や駐車場代、年間走行距離が1万km以上になればガソリン代や消耗品の費用も膨らんでいき、意外と出費が多いことに気がつく人も少なからずいるはずです。

軽自動車のさまざまなニーズ 家族がいるので大人数が乗っても快適な軽自動車が欲しい! 女性だから小回りが利いてかわいい軽自動車が欲しい! 室内が広い軽自動車が欲しい! 個性的な軽自動車が欲しい! スポーティーな軽自動車がほしい! などなど、軽自動車のニーズは人によってさまざまです。現在の軽自動車市場にはさまざまなラインナップが用意されていますので、どのようなニーズにも答えることができます!
軽自動車でファミリーが使いやすい車種はどれ?と考える方は非常に多くいらっしゃいます。 最近の軽自動車は室内の広さだけでなく、スライドドアや便利な収納、スライドシートなど、小さなお子さんのいる家族に使いやすい機能が満載されています。 特にファミリーで使う軽自動車はどうせ汚れるからと こちらから 中古車で購入する人も多いです。 全高1.6m超のトールワゴンや1.7m超のスーパーハイトワゴンは、小さな子供のいるファミリーのファーストカーやセカンドカーとしてとても人気があります。

軽自動車も、普通自動車と同じく「自賠責保険」と「任意保険」に加入する必要があります。 自賠責保険は、車の購入時および車検の際に支払うもので、車種や年式などにかかわらず、軽自動車なら軽自動車で一律の料金がかかります。 一方、任意保険は毎年(または毎月)払うもので、保険会社や車種、年間の走行距離、車両保険の有無などによって保険料が変わります。
福岡で軽自動車にかかる主な税金について解説していきます。実際に「軽自動車を購入したとき」と「軽自動車を所有しているとき」に納めなければならない税金はそれぞれ異なる他、どちらの場合においても納めなければならないものもあります。

定期的に交換しなければならない部品や油脂類(オイルやグリースなど)があるということです。軽自動車の消耗品代は、使用頻度や年式、車の使い方によって大きく変わるので、一概にはいえませんが、だいたい年間40,000円くらい見ておけばよいでしょう!
軽自動車も普通自動車と同じく、決められた時期に車検を受ける必要があります。 受けるタイミングも普通自動車と同じで、新車を購入した場合のみ初回は3年後、それ以降は新車・中古車にかかわらず2年ごとの継続検査が必要です。 車検代は、車のランニングコストの中でも比較的高額ではありますが、どこで車検を受けるかによっても費用はかなり異なります。

さらに表示する